FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと社会性

次男は、保育園の顔と家の顔が、かなり違います。

保育園でははりきりお兄ちゃん。(生まれ月が早いので)
家ではわがままが大暴走している怒りんぼ。

助産師さんとお話する機会があったので、
そのことを相談してみました。

するとその助産師さんは、
「保育園できちんとできているということは、本当はどうすればいいかわかっているんです。
 家でのわがままはある程度あって当然。行き過ぎの部分は成長と共になくなってきますよ。
 保育園と家の顔が違うのは、社会性が育っている証拠です。」
とおっしゃいました。


外面がいい、とも言いますが(笑)、
それを「社会性が育っている」と言い換えれば長所のように聞こえるから不思議ですね。


たまに冗談で、
「○○先生に、家でこんなんしてます~って相談してみようかなあ。」と次男に言うと、
「家でのことは言っちゃダメなの~。」
と言います。

先生にはいいところを見せたいのです。


今学校では、「周りの空気を読む」ことを重視する人間関係が一般的です。
特に思春期にさしかかる小学校高学年から中学校では。
対大人というよりも、対友人ですね。
それは社会性とも言い換えられるのでしょうか?

ちなみに社会性の対義語はあるのかと調べてみましたが、それはないようです。

空気を読むために苦しい思いをして、
空気が読めないために苦しい思いをする。
そんな葛藤をもっている子も多いはず。

社会性を身につけるとともに、
自分に自信をもつことが必要なんだろうな。

自分は自分。



とりあえず、うちの次男君には、
家でも協調性をもって生活できるように成長してくれることを願います…。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。 自身は元小学校教諭であり、三児の母である。 生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。 就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。

iegaku


家庭教師 愛知 イエガク
家庭教師 愛知 イエガク

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ランキング参加中☆
応援よろしくお願いします♪
リンク








  • 管理画面
アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございます♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。