FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ字を覚える

ローマ字って、なんなんでしょう??

英語と同じアルファベットを使うのに、
日本語に対応させているというこの矛盾…。

ローマ字を一生懸命覚える子ほど、
将来英語を習ったときにきちんと発音できないのかもしれないわ。。
(え…それって私のことかしら??)


それで、ローマ字について調べてみるとこんな説明が。


ローマ字(ローマじ)とは、仮名文字をラテン文字に転写する際の規則全般(ローマ字表記法)、またはラテン文字で表記された日本語(ローマ字つづりの日本語)を表す。
―ウィキペディアより―


なるほど…。
つまりは日本の仮名文字を、なんとかラテン文字で表そうと試みた字ということか?!


まあローマ字の由来がなんであれ、
一般的にパソコンの入力はローマ字入力なので、
ローマ字の習得も怠けてはいられない。
今は小学校3年生で習うんですね~。



細かい形が捉えにくい子どもにとって、
音だけが頼りのローマ字は、覚えるのに一苦労。

そんな中、Aくんと現在取り組んでいるのがローマ字パズル。

ローマ字の母音をピンク色、子音を水色のペンで書き、
50音表のように並べる。

あいうえお、かきくけこ、さしすせそ…

文字を作りながらローマ字の法則に気づいていくわけです。

ローマ字の表を見ながら気づく子もいるでしょう。
もちろん、学校の授業で先生から説明があったかと思います。

でも、札をとって自分で文字を組み合わせていく行動を伴って、
初めてローマ字の法則に気づく子もいます。

パズルで仕組みを理解し、ある程度単語を作れるようになったら、
今度はノートに書いて練習します。

実際に、文字を視覚で捉えることと、文字として書き表すことは全く異なる作業。
でも、パズルのおもしろさが影響してか、
書くところでも一生懸命パズルの感覚を思い出そうとしているんです。

す、すごい!!

Aくんは「あ~ん」までのローマ字を、
3回の指導で正しく書き表すことができるようになりました!

この調子だと、2学期中に濁音や促音、長音などもマスターできるかもしれません。
A君は、ローマ字が得意になったと大喜びです。
そんな姿を見ると、私もとてもうれしいです♪




ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。 自身は元小学校教諭であり、三児の母である。 生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。 就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。

iegaku


家庭教師 愛知 イエガク
家庭教師 愛知 イエガク

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ランキング参加中☆
応援よろしくお願いします♪
リンク








  • 管理画面
アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございます♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。